トレヴィナースコール株式会社採用特設サイト

ナースコール株式会社求人・採用情報サイト

トレヴィ

ご挨拶

デイサービス

トレヴィ

東区

愛知県名古屋市東区山口町2番18号 OASIS1階

プール付きデイサービス「トレヴィ」は、リハビリ専門のデイサービスです。
3-5時間の短時間のデイサービスで、食事や入浴はなく、理学療法士による評価を基に、運動提供を実施します。
9:00~12:05(午前の部)、13:40~16:45(午後の部)の2単位に分けて実施します。

事業所案内

事業所名 トレヴィ
所在地 〒461-0024
愛知県名古屋市東区山口町2番18号 OASIS1階
TEL 052-931-7460
介護保険事業所番号  2370201341

 

アクセスマップ

トレヴィの理念

アクアサイズ

アクアサイズ(水中運動)の特性
  デイサービス トレヴィの目玉となる運動プログラムです。
高齢者が運動を行うには、水の中が理想的です。
水の物理的な作用(温冷刺激、浮力、圧力、そして抵抗)が身体にやさしく作用します。
水温
水には大量の熱を吸収し、蓄え、放出する性質があります。
熱は高いほうから低いほうに、つまり32℃前後の水の中に浸かっていると、体の表面では冷却と熱の移動が頻繁に行われることになります。
そのため、身体の新陳代謝は高まり、血管その他、循環器系にも好結果をもたらします。
⇒体温を奪われやすく、熱の産生のために、消費カロリーが増強する。
疾患例:糖尿病、減量したい方など
浮力
水の浮力は、身体を重力から開放してくれます。
水の中に入ると荷重免荷がおき、抗重力筋の解放で肉体的な緊張だけでなく、精神的にもリラックスさせてくれます。
⇒関節への負担が軽減される。
疾患例:関節疾患など
水圧
水の圧力は血液やリンパなどのうっ滞状態に対して効果的です。下肢は身体の他の部位よりも低い位置にあるため、水中では水圧により下肢に溜(た)まった血液の還流が促進されます。
これによって血行が改善されむくみも少なくなります。
また、水圧による呼吸筋トレーニング効果もあります。
⇒呼吸筋のトレーニングができる。下肢の浮腫が解消する。
疾患例:COPD、心機能低下、末梢循環不全など
抵抗
水の抵抗は筋肉のトレーニングに利用できます。
水の中で身体を動かすと、必ず水の抵抗を受けます。
この抵抗は、抵抗面と運動の速度によって変化します。
両手を大きく広げて速く動かすと抵抗は大きくなります。
水中での運動はその人の能力に応じて強弱をつけることができます。
⇒運動量が増加し、消費カロリーが増強する。
疾患例:廃用症候群、糖尿病など

上記の物理的効果に加え、水に浮かぶことで重力からの解放、適度な温度でのリラックス効果もみられます。

グループエクササイズ:スタッフ1~2 対 利用者様2~4人で行います。

※注意点:排せつ自立の方、コミュニケーションが取れる方、グループエクササイズは起立・立位が見守りで行える方が対象となります。また、主治医の許可が必要となります。

 

[ 利用者の声 ]
「膝や腰が痛くなく運動ができた」、「普段できない運動ができた」、「たくさん汗をかいてリフレッシュできる」、「プールから出たあとも足の運びがスムーズになった」とお喜びの声が聞かれています。

レッドコード

レッドコードの特性
 

デイサービス トレヴィでの運動プログラムの軸である、体幹の運動機能に対して効果的なプログラムです。

ノルウェー生まれの運動器具で、グループでも個別でも対応できます。

レッドコードの効果
人間の運動は、神経筋系、および感覚運動系が制御するプログラムによって行われています。
疼痛や筋の長期間不使用によって(視覚、前庭感覚、固有受容感覚)活動が「スイッチオフ」になりやすいです。このことが、運動の拙劣さ、筋力低下と神経筋 制御の低下、易疲労性、そして日常生活の活動性の低下へとつながります。さらに、神経プログラムのスイッチがオフのままでは再受傷や新たな疼痛の発生が起 こりえます。
また、支持物があるため、安心な環境で、筋力・バランス能力を十分に発揮できます。また、鏡が利用者様の前面にあるため、感覚運動系の促通も図れます。そして、グループエクササイズのデメリットといえる個人差に対する難易度の調節が容易に行えます。
対象疾患

中枢系疾患‐脳血管障害、パーキンソン関連疾患など
運動器系疾患‐虚弱高齢者、廃用症候群、股・膝関節障害、腰部障害など
呼吸器系疾患‐COPDなど

※座位がひとりで取れる方にはグループエクササイズを、ご利用者様3名に対し、インストラクター1人、補助者1名で対応します。連続20分~30分程度の運動プログラムです。

[ 利用者の声 ]
「体が軽くなり、大きく動かせた」、「足元が安定し、安心して運動ができた」、「普段動かせない、患側も動かせた」といったお喜びの声が聞かれています。